ユアサエボシが参加 国立西洋美術館グループ展

March 12 tue. – May 12 sun. 2024

ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?
―国立西洋美術館65年目の自問 現代作家たちへの問いかけ―


国立西洋美術館においてはじめて「現代美術」を大々的に展示する機会となる展覧会にユアサエボシが参加します。

過去の芸術作品の記憶はくりかえし読み換えられ、時空を超えて変容しつつ残存してゆく。なかには、歴史的記憶へとおのれの身を投じ、こんにちの世界において過去を別様に「生き直す」ことを試みるアーティストたちもいる。中略
じっさいには1983年生まれでありながら「大正生まれの架空の三流画家」を演じるユアサエボシは、サム・フランシスの活動を1950/60年代に批判的に眺めていたというあらたな「設定」のもと、国立使用美術館が所蔵するそのアメリカ人画家の《ホワイト・ペインティング》と自身の抽象画とをともに展示し、それらの差異をきわだたせようとしている。ユアサは架空の画家をなりすますことで、過去にありえたかもしれない作品を美術史に忍びこませようとする。(展示会場内解説より)

作品:抽象画B、194×130.3cm 他同サイズ二点、計三点の出品

Art Fair TOKYO 2024

Yoshiaki Inoue Galleryは、3月8日(金) – 3月10日(日)の期間、東京国際フォーラムにて開催される「ART FAIR TOKYO 2024」に出展します。
artist:
北川宏人/Hiroto Kitagawa
中辻悦子/Etsuko Nakatsuji
嶋本昭三/Shozo Shimamoto
詫摩昭人/Akihito Takuma
ユアサエボシ/Ebosi Yuasa

Booth:S016
venue:東京国際フォーラム ホールE /Tokyo International Forum Hall E
March 8 Fri – March 10 Sun, 2024 (preview: March 7)

アートフェア東京HP/Gallery site

詫摩昭人/Akihito TAKUMA solo exhibition at Tokyo

April. 25 Tue. -May. 14. 2023

詫摩昭人「逃走の線:”The battle is decided in an instant, but I seem to lose most of the time.”」
by Yoshiaki Inoue Gallery
会場:CADAN有楽町

詫摩昭人は1966年熊本生まれ。フランスの哲学者ジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze) の「逃走線」を引用して二項対立をすり抜けるコンセプトで絵画制作を続けています。絵具の乾かぬうちに自作の長いブラシでキャンバス全体を天辺から一気に擦りおろし、現れた画面に対立軸をなだらかに混ざり合わせたと実感できた時のみ自身の作品は完成となります。今回は昨年より発表を開始したカラー作品の新作をご紹介します。
(本展は東京有楽町駅近くのCADAN有楽町で開催されます)

Art Basel Hong Kong 2023

March 23 Thu – March 25 Sat 2023

Yoshiaki Inoue Galleryは、柴田敏雄の活動初期のシリーズ「日本典型」をアートバーゼル香港でご紹介致します。
For Art Basel Hong Kong 2023, Yoshiaki Inoue Gallery presents works “Quintessence of Japan” by Toshio Shibata.

Art Basel Hong Kong 2023
23-25 March 2023
Hong Kong Convention and Exhibition Center/ Insights section
Booth#:1B35/Hall 1 (1F)

https://www.artbasel.com/hong-kong

ユアサエボシが参加「やんばるアートフェスティバル」

January 14 sat, – April 9 sun, 2023

シマを繋ぎ、シマに響く

2017年から多彩なアートを響かせてきたこの第6回を迎えた「やんばるアートフェスティバル」に、ユアサエボシが参加しています。
国内外のCommunity(地域社会)から多様性に満ちたアーティストたちが集い繋がる、やんばるという地域性の中でこその共鳴が表現されることでしょう。
※メイン会場・大宜味村立旧塩屋小学校を含む複数会場は、金土日祝のみ開館

 

中辻悦子展/ Etsuko Nakatsuji Solo Exhibition、BBプラザ美術館

中辻悦子 起・承・転・転 Nakatsuji Etsuko “Intro, Development, Development, Development …”が、神戸のBBプラザ美術館で開催されています。
2022/11/01(火) ~ 2023/01/22(日)
BB PLAZA MUSEUM, Kobe, Japan

絵画、オブジェ、インスタレーション作品にとどまらず、グラフィックデザイン、絵本製作など幅広く中辻悦子の創作活動が資料と共に紹介されています。

井上廣子展覧会情報/information of Hiroko Inoue Exhibition

“Silver Lining”Hiroko Inoue 11/18 – 11/27, 2022

デュッセルドルフにあるドイツ文化庁が運営する「アトリエ アム エック」で井上廣子の個展「Silver Lining展」が開催されます。
Solo exhibition of Hiroko Inoue will be held.

venue: Atelier am Eck
Himmelgeister Straße 107 E · Eingang Ulenbergstraße 40225 Düsseldorf

元永定正・中辻悦子展示情報/伊賀市(Iga city)

生誕100年 元永定正展「一寸さきは光 ~伊賀が生んだ美術の滑稽~」10月1日~31日
会場/venue:国史跡旧崇広堂/National Historic Site Former Sokodo

中辻悦子展「中辻悦子と元永悦子 私は悦子」
/Etsuko Nakatsuji Exhibition “Etsuko Nakatsuji and Etsuko Motonaga I am Etsuko”
会場/venue:赤井家住宅/Akai Family Housing

元永生誕の地、伊賀の江戸時代から続く由緒ある建物で元永定正、中辻悦子の展示が同時期別会場で開催されています。美術館やホワイトキューブと違った伝統的な空間ならではの足跡をたどる展示は見応えがあります。
同地区の別会場では元永紅子の個性的な展示も楽しめます。
元永紅子展 -朱ト赤ト紅カラ生マレタ女ノ子-
/Beniko Motonaga Exhibition-Zhuto Red To Red Raw Mareta Women
会場/venue:入交家住宅/Iriko House

100th Birthday Masamasa Motonaga Exhibition “Ichisasaki is Hikari-The Art Had Born by Iga-“

元永定正展示情報/宝塚市立芸術センター(Takarazuka Arts Center)

「生誕100年 元永定正のドキュメンテーション -Riding on a time machine-」
元永定正の生誕100年を記念した本展では、絵画作品、スケッチ、写真、模型、展覧会記録など、あふれんばかりの痕跡から元永の人生を振り返ります。元永定正とは何者か。残された資料から人物像に迫ります。(HPより)
2022年9月10日(土) ―2022年10月10日(月)

ユアサエボシ参加のグループ展 7/1-8/12

ソウルのNobllesse Collectionで行われます4作家によるグループ展<Alter Ego>に参加しています。韓国の若手作家の中に入って大きな注目を集めています。
Artist
Kang Mok(1988-), Paek Yunzo(1980-), Qwaya(1991-), Yuasa Ebosi(1983-)
”Alter Ego” 

Secret Police
130.3×162cm/Acrylic on canvas/2016
Child Soldier
91×72.7cm/Acrylic on canvas/2015
Eudaemonics
72.7×60.6-cm/Acrylic on canvas/2013

DIE GROSSE KUNST AUSSTELLUNG NRW

井上廣子がデュッセルドルフのクンストパラスト美術館で行われる、アーティストによるアーティストのためのドイツ国内最大で100年以上の伝統を誇る展覧会「DIE GROSSE 2022」に参加します。
Hiroko Inoue is participating in the group exhibition. “DIE GROSSE Kunstausstellung” is the largest exhibition in Germany organised by artists.

“DIE GROSSE Kunstausstellung”
 Museum Kunst Palast 6/12 – 7/17
 https://www.kunstpalast.de/die-grosse-2022-en

中辻悦子展 ーWHO IS THIS? あなたは、誰(だあ)れー

宝塚市立文化芸術センターのメインギャラリーで中辻悦子の個展が開催されております。(9/4-10/11)
中辻悦子の50年以上にわたり「ひとのかたち」をテーマにしながら決して自己模倣に陥らず創作活動を続けています。
今展ではその中から、活動初期のオブジェやそこから発展していったインスタレーション、大作キャンバス作品の近作の数々、木製オブジェのインスタレーション、ブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリを受賞された「よるのようちえん」が動き出す映像作品など、多岐にわたる楽しさあふれる活動内容が紹介されています。
https://takarazuka-arts-center.jp/wordpress/2021/08/01/202109to10nakatsuji/

Real – 陶芸の可能性Ⅱ / Contemporary Ceramics

July 27 – August 13, 2021

陶芸の技術や土という素材を出発点としながらも新しい表現を模索し続ける4名の作家たちをご紹介します。
それぞれが抱える時代性や方向性はじつに様々であり多彩な才能の競演の場となります。
陶芸の可能性をぜひご覧下さい。

<出展作家>
秋永邦洋  Kunihiro Akinaga
北川宏人  Hiroto Kitagawa
田島弘庸  Hirotsune Tashima
桑田卓郎  Takuro Kuwata (※collection)

Notice of Summer Holidays

2020年8月9日(日)から8月16日(日)まで夏季休暇とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

元永定正と中辻悦子参加のグループ展情報

今月より限定的にオープンされました宝塚市立文化芸術センターのメインギャラリーで開催されております、開館記念展「宝塚の祝祭Ⅰ-Great Artists in Takarazuka-」(10月18日まで)に元永定正の版画と中辻悦子のキャンバス、オブジェ作品が展示されております。
8月4日までは原則予約制となっておりますのでご注意ください。

オンライン予約はこちらから
https://takarazuka-arts-center.peatix.com/

臨時休廊のお知らせ/ Temporary Closure

この度Yoshiaki Inoue Galleryは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月8日(水)より当面の間臨時休廊致します。
なお、アーティストや作品についてのお問い合わせはメール(info@gallery-inoue.com)、電話(06-6245-5347/11:00-18:00)にて対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。
皆様の健康と安全を心よりお祈りしております。

Due to the spread of COVID-19, our gallery will be temporarily closed from Wednesday, April 8.
If you have any questions about the artists or their work, please contact us at info@gallery-inoue.com
We sincerely wish you all the best for your health and safety.

今後の予定(会期調整中):
5月 常設展/ Gallery Collection, May 2020
6月 田原桂一展/ Keiichi Tahara, June 2020

*会期などは情勢を鑑みて再度変更の可能性もございますがその際は改めてお知らせさせていただきます。
/ We will keep you updated when these schedules are revised again due to the situations.